沖縄伝統「八重山ミンサー」に込められた想い

ミンサー柄の特徴

沖縄伝統「八重山ミンサー」

「八重山 ミンサー」の原型は、「ミンサーフ(ウ)」という帯です。

ミンサー柄は五つの升目と四つの升目を並べ、語呂合わせとして「いつの世までも」という意味が込められております。

また、五と四の升目の両サイドには必ずムカデの足をモチーフにした点々が施されており、「いつの世までも足しげく私のところへお通いください。」という意味合いが込められているデザインです。

ミンサーの歴史

ミンサー発祥の確かな起源は分かっていませんが、約400年前に八重山地方で綿花の栽培が始まった頃ではないかとされています。

かつての八重山地方の習慣として、「通い婚(夜這い婚)」というものがあり、その流れにより女性は男性に想いを伝えるために、「綿(ミン)で織った幅の狭い(サー)織物」を贈っていたそうです。

ミンサーには「いつ(5つ)の世(4つ)までも足しげく私のところへお通いください」という甘く切ない歴史があるのです。

沖縄発祥の「結び指輪」

沖縄発祥の「結び指輪」

琉球王朝時代に生まれた伝統美術品として、今なお伝わる「結指輪」というものがございます。

2本の紐を絡めるように結び、永遠に切れることのないように、輪にして作られる結び指輪。

金細工又吉さんが継承する、 沖縄の数少ない伝統装飾品です。

二人の想いを形にした結婚指輪をお作りいたします。

結婚指輪をお探しの方は、沖縄にあるJewelry Salon Planetにご相談ください。Jewelry Salon Planetでは、お二人だけの特別な結婚指輪・婚約指輪をお作りいたします。お二人の想いを100%お聞きしたうえで最適なデザインの提案も可能となっているため、具体的なイメージは必要ありません。オーダーメイドはもちろん、オリジナル商品もひとつひとつ心を込めてお作りいたします。結婚指輪や婚約指輪の製作に関する質問やご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Jewelry Salon Planetの沖縄ミンサー柄リング

Jewelry Salon Planetの沖縄ミンサー柄リング

沖縄の伝統工芸である八重山ミンサー織の模様であるミンサー柄。このミンサー柄に込められた本来の意味とは「いつの世までも足しげく私のところにお通いください」という、意中の男性に女性の想いを込めて贈ったといわれております。

ミンサー柄の5と4のマス目である、いつの世までもという意味を新しい装飾として指輪に込めたのがJewelry Salon Planetの沖縄ミンサー柄結婚指輪です。

沖縄で結婚指輪のオーダーメイドを承るJewelry Salon Planetのコラム

沖縄ミンサー柄の結婚指輪のオーダーメイドならJewelry Salon Planet

店舗名 Jewelry Salon Planet(ジュエリーサロン プラネット)
代表 広瀬 健太郎
所在地 〒902-0067 沖縄県那覇市安里1-1-5 りゅうきゅうプライム101
電話番号 098-863-3400
FAX番号 03-6862-8609
メールアドレス info@musubi-ring.jp
営業時間 12:00
定休日 なし
URL https://www.musubi-ring.jp/